外構工事の打ち合わせで注意すべきポイント

中長期的な思考が必要

外構工事を依頼する際、打ち合わせの際に提示される出来上がりのイメージは美しいものです。
実際に完成した当初は限りなくイメージ図に近い形になるでしょうが、例えば経年劣化であったり、植栽をする場合はその木が大きくなって落ち葉が大量に発生したり、季節が変われば花の周りに蜂などの虫が発生するという場合もあります。
完成時のイメージだけで考えず、その工事をすることで数年後にどのような影響が出てきて、そのための対策は可能なのかというような、中長期的な視点に立った考え方をすることが外構工事を成功させるポイントといえます。

理想をただ求めるのではなく、理想と現実の折衷案を探す

美しいウッドデッキやサロンのようなテラス、色とりどりの花が咲き、立派な木が伸びる庭など、外構工事をする際には理想を追い求めて、現実的に維持できるのかという点が置き去りになってしまうこともよくあります。
理想の形に近づけることは生活を充実させるためにも必要なことですが、ただ理想だけを追い求めるのではなく、出来上がった状態を維持できるのかや、問題が発生した時に対応できるのかといった現実的な問題を考えその中でどちらも両立できるような折衷案を探すのが外構工事のポイントです。
横浜には外構工事を請け負う会社が多くあるので、複数の会社から打ち合わせを通してそのような形を見つけていくのが理想的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です