ダイヤモンドネックレスを身につけた外国人が忍者に変装しているのを見た

ダイヤモンドネックレスを身につけた外国人が忍者に変装している姿は、
日本人からすれば奇異に感じられる光景でした。
しかし、全く性質が違う要素を一緒にしてしまうところを見ると、
忍者に対して相当な愛着を持っていることが分かったのも確かです。
地球で最も硬い宝石を身につけた外国人が忍者の格好をしていることは、
強固な意思として感じることもできます。
手裏剣などの道具だけでなく、装飾品までも身につけてしまうのですから、
総合的なアートのような魅力もあります。
あの格好で扇の勾配の石垣を上るとは考えにくいのも確かで、
実戦では目立ちすぎてしまいます。
現実的には考えられない格好ですが、
奇抜な変装をして日本文化に愛着を持ってくれるのは良いことだと思います。